東大発ベンチャー、論文に画像の盗用がないか自動で判定するシステムを開発


1月23日放送、「ニュース」(NHK)では、画像の盗用がないか自動で判定するシステム。人工知能を使って研究論文に画像の流用がないかどうかを自動的に判定するシステムを東京大学発のベンチャー企業「LPixel」が開発した。コンピューターに研究論文に使う画像を入力すると、人工知能が300以上の特徴から別の論文に使われた画像と似たものがないか調べる。この人工知能には与えられた情報を基にみずから学習するディープラーニングと呼ばれる技術が使われている。画像が加工されていても 全文マイナビスチューデント 01月25日 13時02分…この記事の続きを読む

サイト名: マイナビスチューデント

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.