日本語覚えたIBM Watson、ヘルスケアに真価


日本IBMとソフトバンクは2016年2月18日、認知型(コグニティブ)コンピューティングシステム「IBM Watson」のアプリケーション開発に利用できる6種類のAPI(Application Programming Interface)の日本語版の提供を始めた。IBM Watson(以下、Watson)の能力を使った、日本語版のアプリケーション開発が可能になる。同日、東京都内で発表会を開催した。…この記事の続きを読む

サイト名: Tech-On!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.