SIerのAI活用ビジネス AI関連商材でWatsonが一歩リードか? 扱いやすさで研究機関が採用

SIerがAI(人工知能)を活用したシステム開発を意識し始めている。背景には、日本IBMがコグニティブ・テクノロジーの「IBMWatson(ワトソン)」の日本語版の提供開始が挙げられる。WatsonはSaaS型での提供となるため、扱いやすいことから、多くのSIerから注目されている。一方、日本の大手コンピュータメーカーもAIには古くから取り組んでいるが、エコシステム形成は進んでいない。自社ソリューションの一部というケースが多いためだが、今後はSIerとの連携も求められることになりそうだ。(安藤章司)…この記事の続きを読む

サイト名: BCN Bizline

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.