19世紀の米ニューヨークは活字メディアの…

19世紀の米ニューヨークは活字メディアの黎明(れいめい)期で、大衆向け新聞がしのぎを削っていた。時には「月に知的生命体がいる」というでっち上げの記事も掲載された▼あまたの記者の中に推理小説「モルグ街の殺人」で知られるエドガー・アラン・ポーがいた。もちろん彼自身もほら話を書いたし、ウソを暴くのも好きだ…この記事の続きを読む

サイト名: 福井新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
AINOW編集部がピックアップしてお届けしています。
以下のフォームから、お気軽にご登録ください♪

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.