DJIの新型ドローン「Phantom4」が人工知能で実現した”革新”とは?


3月3日、六本木ヒルズアリーナで中国のドローンメーカー大手 DJIが主力商品である「Phantom」シリーズの新作「Phantom4」の発表会見を行った。障害物回避やアクティブトラックなどの新機能が搭載され、連続飛行時間も28分と前作の「Phantom3」から5分延びるなど、撮影・飛行機能が圧倒的に向上した。 発表会見にはDJI JAPAN代表取締役の呉稲氏が登壇し、先述した「2つの新機能」を軸にPhantom4がクリエイターの表現力や創造性をかき立てることをアピールした。『Catalyst』編集部も本会見に出席。目玉である「人工知能」搭載によって実現された空撮体験の魅力を、ドロニストの視点でお伝えする。
(※本記事はコンテンツパートナー「Catalyst」からの転載です)

DJI社は2006年に中国のシリコンバレーとも呼ばれる深センで設立。2012年に世界初のオールインワン型マルチコプターPhantomをリリースし空撮ブームの火付け役となった。「創作活動をよりシンプルに」というコンセプトのもと、撮影に関する技術を革新。2015年には自社のドローンアプリ「DJI GO」で撮影された空撮写真は7000万枚にもおよんだ。内部のソフトウェア開発にも力をいれており、ドローン業界のパイオニアとしてハードとソフトの両面から革新を起こしている。

◼︎人工知能搭載で向上した創造性、安全性とは?

Phantom4の大きな特徴は撮影機能が圧倒的に向上した点だ。前作のPhantom3にはなかった「アクティブトラック」や「障害物自律的回避機能」が新たに搭載されている。 アクティブトラックは動きのある被写体を自動追尾する機能。iOS/Android対応アプリ「DJI GO」を利用することで被写体をタップのみで追尾することができる。 人工知能の自律学習機能がこれを実現しており、Phantom4は動きのある被写体をカメラの中央におさめるため自律的に動きを判断する。ユーザーは安定した撮影を持続できる。 従来動きのある被写体の撮影はプロでも難しいと言われていたが、呉氏は「Phantom4を使えばユーザーはタップのみでそれが実現できる」と自信を持って新機能を語った。
Phantom4はカメラ自体も改良することで「安定性」も向上した。超軽量で頑丈なマグネシウムコアを使…この記事の続きを読む

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

サイト名: SENSORS

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.