ハッカーの遺言状──竹内郁雄の徒然苔第29回:え、私が防災?


元祖ハッカー、竹内郁雄先生による書き下ろし連載の第29回。今回のお題は「え、私が防災?」。
ハッカーは、今際の際(いまわのきわ)に何を思うのか──。ハッカーが、ハッカー人生を振り返って思うことは、これからハッカーに少しでも近づこうとする人にとって、貴重な「道しるべ」になるはずです(これまでの連載一覧)。
文:竹内 郁雄 カバー写真: Goto Aki

「研究者は自分の苦手なことを研究するものだ」という研究補償説がある。増井俊之さんは「苦手は研究の母」と書いていた。実は私は電通大時代の2002年ごろから2010年に東大を辞めるまで防災に関わるいくつかの研究プロジェクトに参画していた。私は防災が苦手というわけではないが、人に災いをもたらすようなことしかしてこなかったから、これはこれで、罪滅ぼしの意味での研究補償と言えるかもしれない。
思い起こすと1995年1月17日早朝(冬だから未明)に、あの阪神・淡路大震災が発生した。ちなみに「阪神・淡路大震災」は閣議決定された「震災名」であり、気象庁による地震の正式名称は「兵庫県南部地震」である。そういえば東日本大震災も、自然現象としての地震の名前は「東北地方太平洋沖地震」である。「震災」という名称は行政が被害対応を措置するために、その範囲を示すのに使われる名称のようである。「東日本大震災」という名称は被害対応の範囲が原発事故を含めて東日本全域に及んだからである。
最初から話が脱線するが、「東日本」の定義は何かを各種の統計情報をもとに複数の機械学習で調べ、機械学習法自体を評価したという発表が今年…この記事の続きを読む

サイト名: サイボウズ式

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.