世界に大きな変化が起きそうな2016年。現代日本人に必要な備え


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

▪今年最も深刻になる問題

昨年末に準備していた2015年の総括(10大ニュース)が、多忙のため年内に書ききれなかったため、2016年の年初は、昨年同様、本年および今後のトレンドをいくつか取り上げてまとめようと思って書き始めたが、誰でも思いつくような内容をここで繰り返したところで、さほど意味もないし面白みもない気がしてきた。
重大な問題がない、というのではもちろんない。それどころか、2016年の日本の同代人が共に直面し、苦闘しなければいけない問題は数多くかつ重い。テロと戦争、テクノロジーが変える社会の激変、世界経済の崩壊、少子高齢化社会への対応、急速に広がる貧困等々、あげればきりがない。
だが、日本のごく普通のビジネスマンの立場で、今後最も深刻になるであろう問題をあえて一つだけ選べと言われたら、あなたなら何を選ぶだろうか。私は、並み居る大問題の中からこれを選ぼうと思う。『大変化』だ。
今後、個人の経験はもちろん、過去の歴史の教訓でさえほとんどあてにできないような激変の時代が本当の意味で幕をあける。2016年にはそのことを誰もが意識せざるをえなくなると考える。
昨年は、2015年は『テクノロジー・ドリブン』すなわち、技術が社会を大きく主導する時代が到来することを意識せざるをえなくなると述べたが、2016年はそれはもちろん前提とした上で、その影響が社会の様々な部分に及び、土台を揺さぶり、また思いもよらない新しい出来事が起きてくる、そんな年(そのトレンドをいやでも感じざるをえなくなる年)になると考えている。

▪変化を恐れる日本人

変化はそれ自体、価値中立的、すなわち本来、良し悪しを初めから決めつけることはできないものだ。それを受け止める側の心がけ次第で良くも悪くもなりえる。もちろん、テロや戦争のように良い方向など見出せない変化もあると言う向きもあろうが、押さえつけられた矛盾や鬱積の発露がテロや戦争だとすれば、それをきっかけにして、根本的な改革を実現するチャンスにはなりえる。変化で没落する人もいれば、変化をきっかけに躍進する人もいるはずだ。
ところが、今のほとんどの日本のビジネスマンは変化を恐れ、変化を望まなくなっているのではないか。マクロの大変化が好ましくない方向…この記事の続きを読む

サイト名: The Huffington Post

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.