羽生善治がレポート「人工知能最前線」いまやないのは感情だけ!進化の先にどんな世の中が来るのか?


   2016年3月、グーグルの開発した囲碁の人工知能が世界最強クラスの韓国人棋士に圧勝し、世界に衝撃が走った。「人類史上最も複雑なゲーム」の囲碁は、人工知能が人間を凌駕するのに10年はかかると言われていたからだ。このまま人工知能が進化すると、どんな未来が到来するのか。囲碁の人工知能を開発したイギリス人研究者や、ガンを画像解析する人工知能を発明したアメリカのベンチャー企業、人工知能に感情を与える研究を続ける日本企業などを取材した。リポーターは将棋界最高の頭脳、羽生善治だ。 続きは「J-CASTニュース」へ…この記事の続きを読む

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

サイト名: J-CASTテレビウォッチ

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.