ディジタルメディアプロフェッショナルが2日連続ストップ高

■画像処理の重さ解消する新開発など好感し業績回復も見直す グラフィックス・プロセッシング技術のディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)<3652>(東マ・売買単位100株)は18日の前場、買い気配のまま2日連続ストップ高の2748円(500円高)に張り付いて推移し、売買が成立しなかった。17日付で、「GPUによる画像処理ソリューションとして、IPSL(Image Processing Shader Library)を、株式会社豊通エレクトロニクス(名古屋市)と共同開発し…..この記事の続きを読む

サイト名: 日本インタビュ新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.