遭難者救助、富士山での活用期待 東京の会社開発 発信器からの電波受信、位置特定 /山梨


産業用ドローンの開発・販売を手がける「スカイロボット」(東京都中央区)が山岳遭難者の発見に小型無人機「ドローン」を活用する新たな救助システムを開発し、25日、富士吉田市の富士北麓(ほくろく)駐車場で実証実験を行った。登山者が持つ発信器からの電波を複数のドローンが受信し、正確な位置を割り出す仕組みで、…この記事の続きを読む

サイト名: 毎日新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published.