【今年は経営者にとって「覚悟と実行の年」】~経済3団体新年賀詞交換会~


<©︎Japan In-depth 編集部>
例年通り経済三団体(日本経済団体連合会、経済同友会、日本商工会議所)の賀詞交換会が東京千代田区で開催された。アベノミクスも4年目に突入、大手企業が最高益を記録する中、安倍総理もさぞかしご機嫌で挨拶するだろうと思ったら、なんと欠席だった。お伊勢参りとのことだが、首相の挨拶がないというのは筆者には記憶がない。閣僚の多くも首相に同行しており、政府関係者の挨拶がなかったのは不自然だ。
それはさて置き、今回の主催は経済同友会。歯に衣着せぬ物言いが身上の小林喜光代表幹事(三菱ケミカルホールディングス会長)は開会の挨拶で、以下の6点を4年目に入ったアベノミクスの成果として評価した。

1 為替が1ドル=80円から120円で推移、年間通じて10円程度の幅で安定
2 法人実効税率29.97%へ引き下げ
3 TPP交渉大筋合意、日韓関係前進
4 労働者派遣法改正
5 COP21パリ協定締結
6 原発再稼働進展、原油低価格で推移

一方、日本を取り巻くリスクについて小林氏は、国内では人口減少、持続可能が危ぶまれる社会保障制度、先進国の中で最悪の財政を挙げ、海外では、米利上げの新興国への影響、中国経済の先行き、サウジとイランの国交断絶、ISによるテロなどを挙げた。又、地球規模の問題として、格差や貧困の拡大、水・食糧不足など資源の枯渇、気候変動など、解決する課題は山積みだとした。

<小林喜光 経済同友会代表幹事 ©︎Japan In-depth 編集部>
その上で、小林代表幹事は、「ボールは経済界に投げられた」と明言、民間経営者には「未来に向けて果敢に挑戦していく気概」が重要で、「過去の延長線上に未来はない」と述べ、国内外の情勢を捉えた「覚悟と実行」が求められている、と呼びかけ、具体的に以下の4点の実行を求めた。

1 テクノロジー(人工知能やロボティクスなど)を利用し官民挙げてイノベーションに挑戦すること
2 事業再編と新陳代謝
3 資本・労働・イノベーションへの投資と賃上げ
4 中長期的な企業価値の向上

こうした覚悟を実行するために経営者は「心の内なる岩盤」を打破することが必要だとした小林氏、最後に今年の干支は丙申(ひのえさる)であることから、日光東照宮の三猿の「見ざる、聞かざる、言わざる」をもじって、今年の…この記事の続きを読む

サイト名: The Huffington Post

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.