内閣府タフ・ロボティクス・チャレンジによる索状ロボット「能動スコープカメラ」、聞き取り能力の飛躍的向上により、地震災害の救助を高度化


内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ(プログラム・マネージャー:田所 諭)の一環として、東北大学田所諭教授、昆陽雅司(こんようまさし)……この記事の続きを読む

サイト名: IoT NEWS

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.