ドワンゴやトヨタなど8社、人工知能関連の研究支援のため東大に合計9億円を寄付

あるAnonymous Coward 曰く、ドワンゴ、トヨタ自動車、オムロン、パナソニック、野村総合研究所、DeNA、みずほフィナンシャルグループ、三菱重工業の8社が人工知能の研究支援に向けて合計で9億円を東京大学に寄付したとのこと。東大はこれを受け、「先端人工知能学教育寄付講座」を設置し5年計画の活動を開始するという(東大の発表PDF、ITmedia)。
これにより、人工知能関連の体系的な教育プログラムの構築と人材育成を掲げているという。日本において人工知能関連の研究者が少ないことを危惧しており、これによって優秀な人材の育成を目指すとのこと。 すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | サイエンス | 関連ストーリー: 「人工知能に期待する」が過半数という調査結果 2016年06月08日 中国、人工知能開発に1.7兆円近くを投入へ 2016年06月03日 アメリカ人は人工知能を信用していない 2016年06月02日…この記事の続きを読む

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview
サイト名: スラッシュドット・ジャパン

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.