日本IBM、コールセンターで音声をリアルタイムにデータ化可能に

日本IBMは、「コールセンター向けリアルタイム音声キャプチャーソリューション」の提供を開始した。価格は個別見積もり。  本ソリューションは、ナイス リミテッド(NICE)が開発したリアルタイムストリーミング技術のソフトウェア「NICE Real Time Voice Streaming」を利用し、複数の通話から発生する音声をリアルタイムでデータとして利用できるようにする。これらのデータは、PaaS(Platform as a Service)「IBM Bluemix」上で活用しやすいようにデータ変換を行い、「IBM Watson」の音声認識技術と質問応答システムと連係する。  これにより…>>続きを読む…この記事の続きを読む

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

サイト名: キーマンズネット

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.