未来の職人のための道具Nim!? YAMLとJSONの扱いを一例に (あんま怖くないNim④)


はじめに 近い将来に、Scala+NimでIoTなサービスを作れたらいいなと考えている者です。N高 Advent Calendar 2016初日『高校生にWeb上でプログラミングを教え始めたエンジニアがこの8ヶ月間で得た気づき』がなかなかいい話なのに、寄せられたコメントがアレ気味なのを見て、ちょっと…この記事の続きを読む

サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
AINOW編集部がピックアップしてお届けしています。
以下のフォームから、お気軽にご登録ください♪

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.