求む「いいかげんなAI」、道交法守りつつ周囲に順応


自動運転の未来を考えるとき、避けて通れないテーマに「法制度」がある。現在の法制度はすべて「公道を走る自動車は人間がドライバーとして乗車して制御すること」が前提となっている。“ドライバーレス”の自動運転車にかかわる事故責任や、自動運転車が起こした事故被害者の救済を確実にするためのセーフティネットのあり方は、法制度をどう作り直すのかという議論から始めなければならない。今後の自動運転社会を受け入れるために法制度の観点から考慮すべき課題や問題点について、ロボット/AI(人工知能)関連の技術と事業に詳しく、いくつもの政府機関/研究機関の委員やオブザーバーを務める花水木法律事務所の小林正啓弁護士に聞いた。…この記事の続きを読む

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview
サイト名: Tech-On!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.