政府、日本版GPS使ってドローンの衝突回避へ 平成33年度までに新システム


小型無人機「ドローン」同士の衝突を防ぐため、政府が日本版GPS(衛星利用測位システム)と呼ばれる準天頂衛星を使った飛行管制のシステムを構築することが10日、分かった。物流や農業などに活用されるドローンが増えれば、衝突事故も起きやすくなると予想されるためで、今年度中に開発に参加する企業などを募り、平成…この記事の続きを読む

サイト名: 産経ニュース

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.