建設担い手不足、無人化が解消 ダム工事に自動重機 ゼネコン各社、IT化急ぐ


大手ゼネコンが建設現場の省力化を加速させている。鹿島は11日、大分市でのダム工事に日本で初めて自動ダンプカーを導入すると発表した。ブルドーザーや振動ローラーも自動化し、複数の重機を1人で操れるようにする。建設業に従事する技能労働者は、高齢化に伴う離職で8年後に約100万人減るとみられ、各社の憂慮は深…この記事の続きを読む

サイト名: SankeiBiz - 政策・市況

Leave a Reply

Your email address will not be published.