日本取引所、不正取引調査にAI 18年3月期に導入


日本取引所グループは28日、2018年3月期中に相場操縦行為などの不公正取引を調べる審査業務に人工知能(AI)を導入すると発表した。大量の売買から怪しい注文をふるいにかける初動調査の一部を人工知能に任せる。審査担当者が従来以上に本格的な調査に集中できるようにする。 東証は10年に高速取引に対応した株…この記事の続きを読む

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.