学術会議、新声明案 軍事研究、抑止に限界 「学問の自由」で介入けん制


科学者の代表機関・日本学術会議の検討委員会が、軍事研究への姿勢を示す新たな声明案を半世紀ぶりに打ち出した。安全保障環境や科学技術自体が変化する中、戦争に協力した反省から軍事研究を禁じた過去の声明の「継承」を明記する一方、大学などでの審査に判断を委ねる内容に、「現状より規制強化」「声明のトーンが甘い」…この記事の続きを読む

サイト名: 毎日新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.