NTT、18年海外事業の営業利益目標達成が1年遅れ 改革慎重に

NTTの鵜浦博夫社長は20日、2018年3月期に海外での営業利益を15億ドル(約1700億円)に増やすとした中期経営戦略の目標達成が、1年遅れるとの見通しを明らかにした。買収で海外事業を広げているが、合理化や事業改革を慎重に進めるためだ。
この記事の続きを読む

サイト名: SankeiBiz - 情報通信

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.