牛診断など AI活用7事業を支援 農水省が選定、20年まで実用化狙う

農林水産省は29日、農業分野での人工知能(AI)活用を推進するため、家畜の病気を発見するシステムや農産物の自動収穫ロボットの開発など、支援する7事業を発表した。各事業には実用化を早めるため、農林漁業者の参加を求めた。農水省は各事業で開発する技術について、支援が終わる2020年までに実用化するとしてい…この記事の続きを読む

サイト名: SankeiBiz - 政策・市況

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.