Siriの「中の人」、収録当時を語る!


 
2011年、iPhone4sとともに公開された人工知能アシスタントのSiriは、今も進化を続け、世界各国の言語に対応しています。アメリカ版Siriの声を担当していた声優スーザン・ベネットさんのロングインタビューを、Typeformが公開しています。
音楽が好きだった子ども時代
1949年にニューヨーク市で生まれたスーザン・ベネットさんは、幼少の頃から音楽が好きで、4歳の時には耳で聴いたメロディをピアノで演奏できるほどでした。
 
1960年代から70年代にかけて、バート・バカラックやロイ・オービソンのバックコーラスとしてツアーに参加し、ラジオやテレビのコマーシャル用のジングルを歌うミュージシャンになっていました。
 
 
ある日、スタジオに現れなかった声優の代役を急きょ担当したスーザンさんの声が良かったことから、声優としての仕事を引き受けることとなります。
銀行ATMの普及に一役
1970年代半ば、銀行はATMの導入を進めていましたが、多くの人が機械で預金を引き出す方法に拒否感を示し、各行はATMの利用率向上を課題としていました。
 
そんな中、ある広告代理店が「ATMを人間らしくしよう」と思い付き、ATMに行員(テラー)をもじった「ティリー」と名付け、短い歌を歌わせました。その声を担当したのが、スーザンさんでした。「ティリー」は、全米で初めて普及に成功したATMとなりました。
 
「私の声優人生は、機械として始まりました」と、スーザンさんは振り返ります。
ひたすら無意味な単語の羅列を読み上げる
その後、1980年代から90年代にかけて、GPSの案内音声や銀行や航空会社の音声応答システムの声などを担当していたスーザンさんに転機が訪れたのは、2005年のことでした。
 
その仕事は、ひたすら無意味な単語の羅列を読み上げ続ける、というもので、1日4時間、週5日の録音が1か月間続きました。
 
「何をやっているのか、さっぱり分かりませんでした」「クリエイティブの対極にある仕事だと思っていました」と語るその仕事は、Siriの源流にあたるScanSoftのメッセージシステム用の収録でした。
 
ようやく収録を終えた時、コンピュータから流れる合成音声は、録音していない新しいフレーズや文章も発声可能でした。Appleに買収される前、Siriはサードパーティ

サイト名: iPhone Mania

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.