シャープ新型フラッグシップスマホ「AQUOS R」に秘められた4つの革新的な「R」とは?


シャープは新型スマートフォン「AQUOS R」を発表。本モデルは高解像度のIGZOディスプレイや高性能CPU、防水機能を備えたフラグシップ機です。製品名の「R」には4つの意味が込められてるとのことで、そのヒミツを探っていきたいと思います。     ブランド名を「AQUOS R」で統一 これまで、シャープのスマートフォンは「AQUOS ZETA」や「AQUOS SERIE」など、販売されるキャリアによってブランド名が違っていました。しかし、今回の「AQUOS R」からキャリアを問わずブランドが統一されることが発表されました。   これにより、ユーザーに対して端末のスペックや世代などをわかりやすく伝え、より「AQUOS」のブランド力を高めるという狙いがありそうです。   「R」が意味するモノ AQUOS Rの「R」は、本モデルに搭載されているいくつかの機能を表しています。   まず「Reality」。5.3インチのWQHD(2560×1440ドット)液晶は、もちろんIGZOディスプレイ。省電力と高精細な画面が特徴のディスプレイで、「液晶のシャープ」のお家芸ともいうべきリアリティのある映像を表現します。また、手ブレ補正を搭載する2260万画素のメインカメラの描写も極めてリアル。さらに、インカメラは1630万画素という、自撮り用としては異様ともいえる高画素数を誇ります。     次に「Response」。CPUには高速な「Snapdragon 835」を搭載し、よりいっそうサクサク動作します。また、液晶のタッチ操作の反応も高速化が図られ、ストレスのない高レスポンスな操作を実現しています。   続いて、信頼性を意味する「Reliability」。AQUOS Rに対し、発売後2年間はOSのバージョンアップが提供されることが明言されています。   そして最後に「Robotics」。ロボホンに代表されるような人工知能や対話型インターフェースなどがAQUOS Rでも踏襲されています。   シャープが推進する「AIoT」の一翼を担う端末 また本機は、シャープが白物家電などで推進している人工知能の「AI」と「IoT」を兼ね備えた「AIoT」の流れを汲んでいます。   シャープのスマートフォンでおなじみのAI機能といえば「エモパー」です。これは、天気や、いま急上昇してい

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

サイト名: GetNavi WEB

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.