オムロン、AIで不良品予知 製造ライン用制御機器

オムロンは工場の製造ラインで発生する故障や不良品を人工知能(AI)で予知する制御機器を開発した。熟練技能者の経験や勘に基づく判断をAIに代替させ、計画外のライン停止や品質低下を未然に防ぐ。自動車や家電の製造コスト削減を期待できる。2018年の製品化をめざす。 開発したのは工場の製造工程で自動化を制御

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.