AI用チップに1000万元 中国科学院が出資

中国中央人民ラジオ局第1放送「中国の声」の報道番組「央広新聞」によると、インテリジェント認識用などに使用され、将来は各種人工知能(AI)機器への使用が期待される半導体チップ、「カンブリア紀」ディープラーニング(深層学習)プロセッサーが、中国科学院からの出資を獲得した。2017年から18カ月かけて計1

サイト名: SankeiBiz

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する


Leave a Reply

Your email address will not be published.