サイバー攻撃、効率監視 NEC、AIで人の対応3割減


国内情報大手が急増するサイバー攻撃を効率よく監視できる仕組み作りに乗り出す。NECは人工知能(AI)を使い、システムが発する警告のうち人が処理する件数を3割減らす。富士通はウイルス感染の被害状況を最短数十分で把握できる新技術を導入する。サイバー攻撃は高度化し巧妙になっており、対処可能な技術者が不足し

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する