囲碁:「世紀の対決」に報道規制 中国、グーグルと確執か

米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャー企業の囲碁ソフト「アルファ碁」と、中国人棋士、柯潔九段(19)による3番勝負の対局を巡り、中国当局が国内メディアに厳しい報道規制を敷いている。対局を共催するグーグルとの確執が理由とみられ、世界が注目する「世紀の対決」に水を差している。 中国メディア関係者

サイト名: 毎日新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する