大学入試にスマホを持ち込んで何が悪い!AIが囲碁将棋に勝つ時代、人間にはその先が求められている – 世界の中の日本


5月20日、姫路城で開かれた将棋ソフトとプロ棋士の対戦「電王戦二番勝負」第2局では、現役のタイトルホルダー・佐藤天彦名人(29)が将棋ソフト「PONANZA」に敗退。すでに1兆局を超えるシミュレーションでライブラリを充実させた将棋ソフトは関係者をして「暴力的に強くなった」と感嘆させました。

サイト名: JBpress

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する