Googleの音声認識技術、誤認識率は5%以下

GoogleのSundar Pichai CEOによると、Googleの音声認識技術の精度は「人間並み」で、現行の誤認識率は4.9%だという(海外SEO情報ブログ、VenturBeat)。
Googleの音声認識技術の精度は短期間で大きく向上しており、2016年6月は誤認識率が8.5%だったのが、2016年10月には6.8%、同12月には6.1%と、数ヶ月で精度を向上させている。
なお、2016年のモバイル検索のうち20%が音声検索だったそうだ。 すべて読む | ITセクション | | 人工知能 | IT | 関連ストーリー: Apple、Siri対応スピーカー「HomePod」を発表 2017年06月06日 Appleが人工知能専用のチップを開発しているとの噂 2017年06月01日 「PCとキーボードを使う人」はIT弱者? 2017年04月24日 Amazon.com、AWSでコールセンター向け音声アシスタント技術の提供を計画中? 2017年03月06日 総務省、音声認識機能を持つ人工知能の実用化を推進へ 2017年01月12日

サイト名: スラド

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する