中部電、電気使用量、クラウドで保存、オフィスや飲食店向けに


中部電力は13日、オフィスや飲食店などを対象に電気使用量のデータをクラウドに保存し、管理する取り組みを始めると発表した。収集したデータを活用し、省エネなどの新サービスにつなげる。顧客にとってもインターネットを通じ、電気の使用状況をいつでも把握できる利点がある。 オフィスや店舗に設置したスマートメータ

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview
サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する