パイロット不要の完全自律型旅客機を目指すボーイング

米航空機大手Boeingが、全自動でフライトを行える「完全自動操縦」のジェット旅客機を開発しているという(Newsweek、GIGAZINE)。
すでに旅客機には自動操縦システム(オートパイロット)が導入されており、実際に活用されている。現在では離陸以外はほぼオートパイロットが利用できる状況であるが、Boeingが開発を進めているのは人工知能を用いたシステムで、不測の事態についても対応できることを目指しているそうだ。
すでにこのようなシステムの研究はさまざまな組織で進められており、予測するのに必要なデータを自らリクエストするようなシステムや、教師あり機械学習を使用するシステムなどが研究されているという(Wired)。 すべて読む | テクノロジー | 人工知能 | 関連ストーリー: 完全自律飛行する「空飛ぶロボットタクシー」 2016年11月25日 イーロン・マスクの次の目標は超音速電気飛行機 2016年02月13日 「自作航空機キット」で作った無許可飛行機がつくば市で墜落、2人が死亡 2015年08月19日 東京都調布市で小型飛行機が民家に墜落、住民を含む3人が死亡 2015年07月28日 脳波でフライトシミュレーターを操縦することに成功 2014年08月07日

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview
サイト名: スラド

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する