トヨタ、社内取締役をスリム化、人材育成など狙う


トヨタ自動車は社内取締役のスリム化を進めている。5年前に13人だった社内取締役は14日の株主総会を終えて内山田竹志会長(70)や豊田章男社長(61)ら6人と、半分以下になった。自動運転技術や人工知能など車産業を取り巻く環境は急速に変わっている。「スピードと人材育成が勝敗を分ける」(豊田社長)という危

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する