三菱ケミカルなど4社と物質機構、AI活用の新素材開発で協力


三菱ケミカルと住友化学、旭化成、三井化学と物質・材料研究機構は19日、人工知能(AI)を使った新素材の研究開発などで協力すると発表した。国の研究機関である物材機構が約30億円を投じて専用拠点を設け、各社が研究者を派遣する。各社が競合しない基礎分野での共同研究を想定しており、今後協力するテーマなどを詰

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する