東芝:再成長に高い壁 2本柱の「半導体」事業縮小

半導体メモリー事業売却で日米韓連合に優先交渉先 東芝が半導体メモリー事業売却で優先交渉先を選んだことで、訴訟リスクは残るものの売却の手続きは一歩前進した。だが、米原子力子会社の巨額損失が判明するまで、東芝が「2本柱」と位置づけてきた原発と半導体の両事業は大幅に縮小する。今後の経営の柱に社会インフラ事

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview
サイト名: 毎日jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する