ベンチャーキャピタルに人気のAIスタートアップ

あるAnonymous Coward曰く、ベンチャー企業への投資は全体的には停滞しつつあるが、今後、成長を続けるとされている人工知能分野のスタートアップ企業については投資家たちが競い合って投資をしており、投資額が増えているそうだ。そうした投資会社の一つCB Insightsは、2012年以降、2,541のAI関連スタートアップに約184億ドルを投資しているという(Ssilicon Angle、CB Insights、Slashdot)。
PricewaterhouseCoopers LLPとCB Insightsの最新のレポートによると、米国ではAIと機械学習企業90社に8億2,500万ドルの投資が行われているとしている。とくに先週は多数のAI関連企業に多額の投資が行われた。AIによる解析ソフトウェアプロバイダであるCognitiveScaleは1500万ドルを調達。音声AIのスタートアップSnipsは1300万ドルなどの資金調達に成功しているとしている。こうしたAIへの投資傾向は、米国に限らず中国でも加速しているという。 すべて読む | ビジネス | 人工知能 | お金 | 関連ストーリー: 自殺を予測する人工知能システム 2017年06月16日 人工知能が人間を超えることはない? 2017年06月07日 Appleが人工知能専用のチップを開発しているとの噂 2017年06月01日 ソフトバンクが新卒採用プロセスにAIを導入 2017年05月30日

サイト名: スラド

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する