そこが聞きたい:AI時代の将棋界 日本将棋連盟会長、九段・佐藤康光氏

個性表現する戦い見せる 驚異の中学生棋士、藤井聡太四段(14)の活躍に沸く将棋界。一方で、この同じ2017年は、囲碁同様に将棋が人工知能(AI)に屈した年としても歴史に刻まれる。コンピューターソフトが人間を上回る時代、プロ棋士の存在意義をどこに見いだすか。日本将棋連盟の佐藤康光会長(47)に聞いた。

サイト名: 毎日jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する