農業効率化、VBが挑む 笑農和は水門をアプリで開閉

中堅・ベンチャー企業(VB)がIT(情報技術)を活用した農業の生産性向上に乗り出している。担い手確保が困難になる中、作業の負担軽減や効率化を図れる「IoT」や人工知能(AI)へのニーズが高まっている。定着すれば、ITに抵抗のない若い人材を呼び込め、人手不足の解消になる可能性もある。 耕地面積に占める

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する