小6で奨励会と早実受験、将棋界の「貴公子」中村太地六段


空前の将棋ブームに火をつけた14歳の中学生、最年少プロ棋士の藤井聡太四段。将来はプロ棋士になりたいという子供も増えているが、そもそも棋士とはどんな職業なのか。早稲田実業学校中等部・高等部を経て早稲田大学政治経済学部を卒業した中村太地六段(29)に聞いた。小学6年生で奨励会と早実の受験 「将来はプロ棋

サイト名: College Cafe by NIKKEI

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する