日本のCMの「炎上狙い」海外なら一発アウトです!


日本のCMが次々と大炎上している。セクシャルなメタファーを確信犯的に映像表現の中に盛り込んで、話題を喚起しようとしているからだ。一方、世界最先端のカンヌでは、「ジェンダー・イコーリティ」が大テーマだった。そこから日本が学べることは?

サイト名: 現代ビジネス

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する