期せずして、人間 が 理解できない 「人間の言葉 とは 異なる言語」 が 生まれてしまった ? ~ ( Facebook AI Research 発 )「異なる報酬体系」 を 持つ AIエージェントどうし が、「交渉」を 行い、「共通の利益」 に 到達する end-to-endモデル “Deal or No Deal? End-to-End Learning for Negotiation Dia


FAIR ( AI Research Lab ) が、その論文のなか で、
“交渉する複数のAIエージェントたち”
が、
人間には理解できない 独自の言語 を 作り出し、
その言葉 を 使って交渉し始めた 可能性
を 示唆したこと が、一部で話題 に なっています。
( “交渉するAI” の *Neural Network” 構成 )
( 論文 )
Mike Lewis, Denis Yarats, Yann N. Dauphin, Devi Parikh and Dhruv Batra (2017) Deal or No Deal? End-to-End Learning for Negotiation Dialogues
( FAIR 公式ブログ内 の 解説記事 )
FAIR 公式ブログ 論文解説ページ(6月14日) ARTIFICIAL INTELLIGENCE · RESEARCH Deal or no deal? Training AI bots to negotiate
( 以下、日本語による解説記事 より 引用 )
カラパイア (2017/07/11) 「はじまっちゃった?人工知能(AI)が人間に理解できない独自の言語を生み出し会話を始めた(米研究)」
フェイスブック人工知能研究所の報告書によると、人間との会話をシミュレーションする開発中のAIチャットボット、”会話エージェント”に機械学習を用いて交渉のやり方を教えていたところ、最初は非常に順調に進んでいたのだが、ある時点でそれらの調整をせざるを得なかったという。
なぜなら途中からチャットボットが、人間には理解できない独自の言語を作り出し、その言葉を使って交渉をし始めたからだ。
( 中略 )
独自の非ヒト言語によるコミュニケーションが発生
この実験では、2つのチャットボットに会話を行わせ、同時に機械学習で継続的に会話の戦略を反復させていた。
その結果、独自の非ヒト言語によるコミュニケーションが発生したのである。
はっきりさせておくと、フェイスブック社のチャットボットはまだ開発段階にあり、技術的特異点が訪れた証拠ではないし、それが間近に迫ったことを意味するわけでもない。
しかしそれは、かつて人間のみに属するとされた領域(言語など)における人の理解を、機械が再定義する

サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する