【学歴革命?】大学中退して戦う!CREAT代表:下野悟さんに突撃してみた。

どーん。AINOWのライターに染まっていたやべです。

前回記事にした「AI・ITに関する学生団体まとめてみた」の続編、学生団体CREATE代表の下野さんに突撃インタビューしてみました٩( ᐛ )و。

学生団体CREATEとは?

“プログラミングを通して学生のメリットを最大限活かす”

代表者 :下野 悟

設立年 :2017年6月3日

参加大学生:
東京工業大学 法政大学 芝浦工業大学 日本大学 工学院大学 東洋大学 専修大学

人数(男女比) :10人 ( 9 : 1 )

活動場所:東京都

活動頻度:その都度変更

会費:なし

代表プロフィール

 

氏名:下野 悟(シモノ サトル)20歳

所属:フリーランスプログラマー

 

 

工学院大学情報学部を6ヶ月で中退し、当時学生時代に始めたインターンで営業をしばらく続けていた。その後プログラミングスキルを磨き、フリーランスプログラマーデビュー。個人ではなくチームでやるためにWeb制作の学生団体を立ち上げる。同時期に知り合いからの紹介で学生ベンチャー企業に参加。現在、学生団体の代表、フリーランスプログラマー、学生ベンチャーの運営とトリプルワークで活動している。

主な活動内容

フリーランスプログラマー

現在請け負っている案件はSNSサイト、アプリの開発で管理者ツールを担当しています。
チームは4人で2か月ほどで完成させてその後はアプリの伸び次第で継続するか中断するかという感じです。

学生団体CREATE

現在は案件をもらい制作しているというよりも勉強中の方が多いのでどういったカリキュラムがベストなのか実験段階であります。あとは夏にクラウドファンディングをやるのでそれに向けてみんなで文章や画像の作成をしています。

株式会社学想

最年少で上場を目指す学生ベンチャーです。メンバーの全員が大学生の年齢でなかには休学、退学している人が多くいます。事業内容としては営業代行とwebの受託開発、自社開発をしています。

立ち上げまでの経緯

この団体を作ろうと思ったきっかけは知り合いのフリーランスプログラマーの方が学生時代に同じような学生団体を持ち、活動していたことを知ったことです。これは新しいと思って、すぐに学生団体、インカレサークルを掲載するメディア「ガクサー」に掲載してみました。すると思ったよりも参加希望の方が多く集まってしまい、Web制作を淡々とこなすだけでなく何か特別なことができるのではないかと思いました。そこで仲の良かった高校時の友人に連絡を取り、運営メンバーとして協力してもらいました。そしてメンバーには一人一人会い、ニーズやビジョンをヒアリングしました。

ビジョン

きっかけはものすごくシンプルだったのですが、ここまで形になってしまうと不思議なもので、自分が抱いていた疑問ややりたいことが次々と出てきました。まずプログラミングスキルの習得方法です。プログラミングスクールは多く存在しますが、そのスクールどれもがあまり効率的な学び方ではないと日常的に感じていました。まずそこを確立させたいなと思いました。次に大学生の学びの環境です。大学は一応勉強するところではありますが、今日ではコミュニティとしての意味が大きくなってきている気がします。だから、向上心のある大学生が社会を学べる、人を学べるいい環境はないかなと日々模索していました。そこで思ったことが仕事をすることです。アルバイトとは違った、主体的に何かを生み出すというタスクを学生時代に課すことで面白い化学反応が起きるのではないかと期待が膨らみました。なので、初期のメンバーには「何をしたらいいですか?」という質問を禁止し、「何をしたい?」「どうしたらいい?」と聞くようにしました。これがまさに0→1を築くということなんだと思います。
幸せなことに立ち上げて1ヶ月目で4社の企業さんが協力したいと言ってくださいました。その期待を裏切らず、将来的にはインターンの次に変わるものを生み出し、最速で成長できる環境を学生に対し、発信していきたいと思います。

学生のみなさんに一言お願いします!

僕は最終的には大学を辞めてしまいましたが、学生という権利は最強です。なんのスキルがなくても企業は採用してくれるし、金銭的な負担も減ります。そんな学生の持つ素晴らしい特権に気づいたのは学生を放棄してからです。私の団体の理念でもある学生のメリットを最大限活かして、スーパーマンになってください。僕からの願いは以上です。
私が代表を務める団体に興味がありましたら、ガクサーからの参加表明、又はメールで連絡お願いいたします。素敵なキャンパスライフをみなさまが過ごせますこと、心底願っております。

おわりに

いかがだったでしょうか?
現代の日本では学歴を指標とした採用活動は続いており、学生ならではの権利は消えないようです。今後の下野さんの活動に期待ですね٩( ᐛ )و

以上現場からのレポートでした!!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する