河川氾濫危険度をAIが画像分析

茨城大とNECは21日、人工知能(AI)が河川の画像を分析して、氾濫の危険度を判断する実証実験を始めた。水戸市内を流れる川にカメラを設置し、水位などが変化する画像をAIに学習させる。実験は来年秋までの予定で、数年後の実用化を目指す。

サイト名: SankeiBiz

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する