現場カイゼンだけ? 日本の工場IoTの残念な現状欧米流の「経営改革のIoT」まで昇華できるか – マーケティング道場


現在、日本におけるものづくりへのIoTの活用は、「第1次ものづくりIoTブーム」とでも呼ぶべき活況を呈している。日本におけるものづくりIoTの特徴は、IoT導入の受益者が製造現場であり、見える化・解析・対策のループが製造現場の中に閉じた、いわば「現場カイゼンのIoT」となっていることにある。では、日本のものづくり×IoTの活用は、世界各国と比較して将来的にも安泰なのか。

サイト名: JBpress

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する