DMG森精機やファナック、IoT人材の育成本格化

工作機械各社があらゆるモノがネットにつながる「IoT」の専門人材の育成を本格化している。DMG森精機が24日に人材育成の専門部署を発足させたほか、ファナックもソフトウエア開発者の大量採用を進める。工作機械とIoTの連携が進む中、IT(情報技術)企業との懸け橋となる人材の確保が喫緊の課題となっている。

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する