IoT のデバイスとゲートウェイをセキュリティーで保護する(更新)


この全 3 回からなるシリーズでは、セキュアな ソリューションを開発できるよう、 の脆弱性、そしてセキュアな アプリを設計する際の課題について説明します。その上で、テストによってその効果が認められた、デバイスとゲートウェイをセキュリティーで保護する手法として、証明書ベースの認証を含むデバイスの認証、デバイスの許可、アプリケーション ID の検証などを紹介します。

サイト名: IBM developerWorks Japan

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する