災害とSNS

記録的豪雨による災害が全国各地で相次いでいる。交通や通信手段が遮断された有事の際、会員制交流サイト(SNS)を利用した救助要請が当たり前のように使われる時代となった。SNSは今や重要な情報インフラである。半面、誤用により混乱を招く事例も依然として後を絶たない。スマホが普及し誰もが発信できる今、正しい利用法の啓発が急務だ。
今月初めの九州北部豪雨。ツイッターには「避難できずに取り残されています…

サイト名: 佐賀新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する