第73期本因坊戦最終予選 許家元四段-趙善津九段 第3局の1

10連覇で止めた棋士 趙善津九段は、本因坊戦の歴史を語る上で欠かせない棋士である。10連覇していた趙治勲本因坊から4勝2敗でタイトルを奪取したのが、当時29歳の善津挑戦者。同郷の大先輩の記録を阻止したことに「自分が、いちばん驚いています」と語っていたことを、覚えている。 前期は最終予選決勝で結城聡九

サイト名: 毎日新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する