身体の知性=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

あるとき、京都の数寄屋造りの建築家の方と知人の家を訪ねた。通された居間でその人は、床板にすっと手を当てて、「ああ、分厚くて立派な木や」とつぶやいた。床板なので、目では厚さを確認できない。コンコンたたいて反響をたしかめたわけでもない。手を置いただけで、なぜ木の厚さがわかったのか。不思議に思いたずねると

サイト名: 毎日新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する