自動運転の開発競う 群馬大、運転手いない乗り物


AI(人工知能)やセンサーなどの技術の発達により、自動運転技術の進歩が目覚ましい。群馬大は、限定した地域での運転手がいない乗り物の実用化を2020年までに実現させようと、研究を進めている。一方、自動車メーカーのスバルは、あくまで運転手の支援機能としての技術強化を追求する。運転手がいない乗り物の登場で

サイト名: 朝日新聞デジタル - 群馬

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する